クリニックブログ

副鼻腔炎

症状
顔の骨の中にある空洞を副鼻腔と言います。左右 4 つずつ計 8 洞あり、健康な状態では空気で満たされ、各洞はそれぞれが鼻の穴に細い窓により通じています。細菌やウイルスが副鼻腔に入り炎症がおこり、洞内に膿がたまり(蓄膿)、窓がふさがることにより症状がでます。
原因
風邪、アレルギーなど様々な原因によりウイルスや細菌が副鼻腔にはいり病気をひきおこします。時に虫歯が原因となり虫歯の細菌が副鼻腔に入り急性の副鼻腔炎をひきおこします。
治療方法
1 )クスリ

約 10 年前から慢性副鼻腔炎に効果のある抗生剤が使用されるようになりました。マクロライド系の抗生剤を長期( 2-3 ヶ月)服用することにより治る場合が多くみられます。このクスリに加え鼻汁を軟らかくして鼻の外に出やすくするクスリを使用します。また、アレルギーがある場合は抗アレルギー剤を併用します。

2)手術

鼻にポリープ(鼻茸)ができ、鼻閉が強いときは手術をお勧めします。最近の手術では鼻の中から内視鏡を用いて、手術します。できるだけポリープを取り除き、副鼻腔と鼻をつなぐ窓を拡大して膿の流れを良くします。手術後は再発防止のために通院しながら鼻の中の膿汁の除去などの処置を積極的におこないます。

なお、急性副鼻腔炎で炎症が目や脳に波及した場合は緊急の手術となります。